本文へスキップ

    奈良でのことならお気軽にお声がけ下さい                   Kansai Ryokuchi Service Co.,LTD
                                       

電話でのお問い合わせはTEL.0742-48-0063

〒631-0843 奈良市疋田町2丁目2ー4

緑のお仕事GREEN WORKS

2018年3月27日(火)

本日は、畑に野菜の苗と種を 花壇にマリーゴールドを植える作業を
藍咲学園の園児の皆さんと一緒に行いました。
成長や収穫がとても楽しみです。

 ミニトマトの苗を植えるところです

 枝豆は種から植えます

 マリーゴールドを花壇に植えました

2018年3月2日(金)

花壇・畑を含むビオトープの施工が完成しました。
歩道に面した部分を木のぬくもりを感じる花壇で
収穫が楽しみな畑の畝
遊び心いっぱいの池と植栽
年々草木が生い茂り園児の方々と同様に成長する園庭になりました。







2018年2月27日(火)

枕木を触ってソゲで怪我をしないように
ささくれを除去する方法として
サンダーで角部を削る作業をしました。



2018年2月26日(月)

樹木に竹で支柱を取り付けました。 



2018年2月16日(金)

ゾーンの畝も完成です。
何を栽培してもらえるか楽しみです。



2018年2月15日(木)

池に水性植物を配置し水底に砂利を敷き
池の周りの園路を作りました。
お散歩できるようなワクワク感が出ました。



2018年2月14日(水)

ポンプシステムを付け水を張ってみました。
テスト始動は成功です。




2018年2月13日(火)

池の真ん中に遊び心の橋を架けました
池の周りに景石を据えます。
シートが傷つかないように不織布を引き
石の接触面を活かし
ボンドやセメントで接着しません。



2018年2月9日(金)

床掘りが済み防水シートが傷つかない
ように
不織布で全体を覆います。
    防水シート貼りです。


2018年2月5日(月)

重機が入れられないのでひたすら
掘ります。



2018年2月3日(土)

池の周りの樹木植栽を行いました。
日当たりや季節の移ろいを考慮した
配置となっています。


2018年1月29日(月)

材料を購入し作成した丸太の
オリジナル花壇です。
全長10mが三基 4mが一基です
園児達に土とふれあい
季節のお花を植えて頂けたらと思います。



2018年1月26日(金)

歩道に面したフェンスのところに花壇を作る
準備です。

(BEFORE)
茂った植栽を一端、撤去しました。
歩かれる方々や教室内から季節のお花を見て
暖かい気持ちになって
いただけますように。


2018年1月25日
になる部分の植栽を整理して土壌を耕して
いきます。
園児たちが野菜を作ったりお芋掘りが
できまように。


2018年1月24日(水)

連日の寒さで掘ったも周りの土も
カチンコチンです。
隣の公園からの作業風景です。
枕木がとても楽しそうに並んでます。

2018年1月23日(火)

園の隣には公園があり、傾斜のついた園庭なので雨などで土がフェンスを越えて流れでてしまうのが
ネックでした。
土がこぼれないようにとデザインを生かし枕木をランダムに並べました。



2018年1月22日(月)

本日より、木津川市にある
幼保連携型認定こども園 
藍咲学園http://s-rakuji.com/child/index.html へのリンク

園庭工事
が始まりました。

コンセプトは”子供たちが自然とふれあえるビオトープ”です。

閑静な住宅街にあるため、本来のビオトープの持つ生態系を作ることはとても難しく
ただ、雑草が生えているような園庭では、デザイン性の高い園舎とはマッチしないので
弊社のデザインは暖かみがあり周囲と溶け込むものにしました。
ご依頼主様からのイメージである、ビオトープ、子供たちと栽培、収穫できる
園内からも歩道からも心がなごむ花壇を盛り込みました。
完成するまでを、小まめにアップしていきたいと思います。


BEFORE

初日は電気の配線が通っていて傷つけては
いけないので掘り起こす作業と
池をを掘る作業です。
重機が入れられる現場ではないので
全て手作業になります。


このページの先頭へ

shop info店舗情報

関西緑地サービス株式会社

〒631-0843
奈良市疋田町2丁目2ー4
TEL.0742-48-0063
FAX.0742-48-7184